This Category : 本(日本)-エッセイ

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.11.12 *Thu

気弱な精神科医のアメリカ奮闘記

気弱な精神科医のアメリカ奮闘記気弱な精神科医のアメリカ奮闘記
(2004/12)
岡野 憲一郎


この本は読者層を限定してしまうかもしれませんが、分かりやすい文章で心の病から敷衍して日米のメンタリティの違いに触れておられていて、私には納得できる部分が多くあり非常に楽しく読むことができました。

著者はアメリカ社会を批評しますが、同様に日本社会のあり方も批評されていてフェアな個人の視点から上手にまとめておられます。

興味深かったのは、一見「わがまま」と形容することのできる、「本当に自分のしたいことをする」彼らの姿勢は決して生半可な気持ちで表面的に真似をしても幸せに至るものではなく、リスクを受け入れる覚悟の必要な生き方であるということでした。私の以前の日本での職場もそうでしたしもしくは日本全体がそうなのかもしれませんが、真に理解をすることなく猿真似のように”アメリカの考え方”を取り入れてもうまく機能しないはずです。そもそも”アメリカをお手本”になどと考えているのは日本人くらいかもしれませんが。

興味深かったのは家族観について。

”「本当に自分のしたいこと」を持ち続け、なおかつ自分と幸せを共有できるような家族とパートナーを持ち、それも守り続けなければいけない。それができなければ、パートナーはすぐにでも子供を連れて出てしまう。扶養手当を払いつつ新しいパートナーを探すことになるが、壮年期を過ぎ人間としての華が徐々に失われていく時期にこれが起きるのはとても辛いことであり、その先には私たちが最も恐れるもの「孤独」が待ち受けている。事実アメリカにはこのような孤独な中年、老年が圧倒的に多い。我がままを押し通すという危険な賭けの結末なのである。”

まさに私が周りのアメリカ人に見出す状況にぴったりはまっていてうなってしまいました。

また、彼らの夫婦関係・家族関係についての記述は、私が常々感じていた不透明感を解決してくれました。

つまり、”彼らは「プライベートな生活」をとても大事にするが、それは自分の幸せを共有できる家族やパートナーを持つことを意味し、逆に家族の賛同が得られないまま人生を共にするよりも、新しいパートナーを探し「プライベートを充実」させる方が社会的に評価される。”という点です。

アメリカ人を見ていて痛感するのはまさに”深い孤独”。40代50代の多くが離婚をしまたはシングルのまま、新しい関係やパートナーを切ないほどに欲しているのです。
スポンサーサイト
COMMENT : 0  [EDIT] [TOP]

2009.09.11 *Fri

何があっても大丈夫

何があっても大丈夫何があっても大丈夫
(2005/02/26)
櫻井 よしこ


物心ついたときにニュースキャスターをされていた櫻井よしこさんは思春期の頃の私の憧れの女性の一人でした。彼女がジャーナリストであることさえわかっていなかった当時子供心にも彼女が他の女性アナウンサーとは違う意見を言う女性であることに気がつき、初めて意識した知性ある女性の姿だったと記憶しています。

時事問題に詳しいわけではないので彼女の論点を全て理解して賛成しているわけではありません。でも著書はいくつか読んでいて啓発される点が多くあります。

その中でも彼女の自伝的な著書である本書は以前から読みたくて今回やっと入手しました。彼女がジャーナリズムの道に進んだのが偶然であったことを知り驚きました。人間の適性や可能性はほんとうに分からないものですね。

また彼女のお母様に対する愛情と尊敬が感じられる本でもありました。
COMMENT : 0  [EDIT] [TOP]

2009.08.31 *Mon

英国式スローライフのすすめ

英国式スローライフのすすめ―簡素でゆたかな暮らし方
英国式スローライフのすすめ―簡素でゆたかな暮らし方
(2004/12)
大原 照子

私が初めて買ったお菓子の本は大原照子さんの「私の英国菓子」でした。
小さかったので当時実際にこの本のレシピから作ることはほとんどありませんでしたが、いつも眺めては見たことのないイギリスのお茶の時間をあれこれ想像したものでした。ずいぶん長い間持っていたのですが今から思えば残念なことにアメリカに引っ越す前に売ってしまったのです。

さて、この本は大原照子さんが英国留学中に交流したイギリスの人々の暮らしぶりを綴ったものです。老いても人に頼らず身ぎれいに等身大の暮らしを楽しみたくましく暮らすイギリスの高齢者の方々の姿が描かれています。老いてどのように暮らしたいかについて考えるとても良い本だと思いました。

母の誕生日に数年前に贈ったのですがとうの母は全く興味なし(笑)。

料理研究家である著者の「少ないモノでゆたかに暮らす」のほうも以前読んだのですがこちらもシンプルに暮らすアイデアの詰まった良書でした。
COMMENT : 0  [EDIT] [TOP]

2009.07.28 *Tue

やがて哀しき外国語

現在日本に夏季帰国中♪
読みたかった本を図書館で借りて楽しんでます。

アメリカ生活に関する村上春樹さんのこの本はとても読みたかった本の一つ。
共感できる視点が多かったのでご紹介したいと思います。

やがて哀しき外国語やがて哀しき外国語
(1994/02)
村上 春樹


厳然と、根深く存在する黒人差別。”ドラッグと銃という二大病根はこの国を土台からむしばみつつある。”平和な郊外に漂う”深い孤独感、孤絶感”、人気のない閑散としたショッピングモールには”寒々しいという以上の何かがそこにある。”村上さんが購買意欲をそそられないアメリカ製品。希少なメイドインアメリカが象徴するアメリカ経済の不穏な雲行き。アメリカ人女性の、夫に従属せず自発的なキャリアを持つことへの強迫的ともいえる評価。

語学に向いていると思っていた村上さんが考える、外国語習得の壁となる、傾向的、性格的要素。
それでも、外国人に外国語で自分の気持ちを正確に伝えるコツをアドバイスされていて、参考になります。
(1)自分が何を言いたいのかということをまず自分がはっきりと把握すること。そしてそのポイントを、なるべく早い機会にまず短い言葉で明確にすること。
(2)自分がきちんと理解しているシンプルな言葉で語ること。難しい言葉、カッコいい言葉、思わせぶりな言葉は不必要である。
(3)大事な部分はできるだけパラフレーズする(言い換える)こと。ゆっくりと喋ること。できれば簡単な比喩を入れる。

外国で暮らす人の視点も、”通り過ぎる人には通り過ぎる人の視点があり、そこに腰を据えている人には腰を据えている人の視点がある。”

どのテーマも平易な文章で、私が日頃漠然と感じていることを簡潔に指摘されていて、読んでいて気持ちがすっきりしました。

かつて日本人が憧れていたアメリカの姿はもうありません。
行き詰った社会に漂う閉塞感とやり場のない絶望感。土台から蝕まれている巨人。そして何もできない”オーディナリーピープル”の無力感。

1992年の連載ですが、今でも十分。
アメリカ好きな日本人に読んでもらいたい1冊です。

COMMENT : 2  [EDIT] [TOP]



▼PR▼



べんりサイト 映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

オンラインでチケットが買える!

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト



べんりサイト 本

ブックオフオンライン

TSUTAYA online



記事検索









Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ



Auther

Alice

Author:Alice
のんびり気に入った映画と本の紹介をしています。
管理人の主に日記ブログはこちら。
「茜色の空ととうもろこし畑」



I articled

過去に記事にしたもの

by amazon











☆PR☆



Copyright © Alice's Wonder World All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。