My Entry List

This Archive : 2010年01月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2010.01.16 *Sat

グラントリノ

グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ
(2009/09/16)
クリント・イーストウッド ビー・バン


日本にはクリント・イーストウッドさんのファンは多いのでしょうか?
私は何となく苦手でした。ロバート・デ・ニーロさんなども苦手。映画は面白いと思うのですが、演技派の大物俳優が怖いというか、暑苦しいというか・笑。

秀逸だと言う映画評を見たのと、彼が監督をされていたほかの作品が良かったので、見てみたいと思ったのです。
クリント・イーストウッドさんの顔はちょっぴり怖かったですが、予想以上に、良かったです。

アメリカ人の冷たい家族関係。寂しい老人たち。恵まれているのにどこか人間性の欠落した若者たち。映画の中で彼は自分の家族を、White trushと形容します(クズ白人とでも言ったところでしょうか)。

暴力に走る、底辺の若者たち。それを助長する社会。

それらが、典型的な中流の、普通の、中西部の街に存在する恐ろしさ。
クリント・イーストウッドさんのアメリカ社会に対するメッセージではないかと思いました。

「この映画評」に共感。
どの国民間・民族間にも偏見やある種の感情はつき物だと思いますが、親米を自認し、歴史的な結果であるにしても、経済的に切り離せない関係である以上、アメリカがどういう国なのかを理解することは、日本人にとって大切なのではないかと思います。メディアが華やか脚色する、「経済のNY、政治のワシントン、文化のカリフォルニア」だけを見て、「アメリカが好き~」などと言っているようではお粗末です。国際社会から相手にされなくて当然ですね。
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



▼PR▼



べんりサイト 映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

オンラインでチケットが買える!

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト



べんりサイト 本

ブックオフオンライン

TSUTAYA online



記事検索









Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ



Auther

Alice

Author:Alice
のんびり気に入った映画と本の紹介をしています。
管理人の主に日記ブログはこちら。
「茜色の空ととうもろこし畑」



I articled

過去に記事にしたもの

by amazon











☆PR☆



Copyright © Alice's Wonder World All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。